人妻をセフレにする方法

人妻をセフレにするためには、他にもいくつか注意点があります。

まず決してのめり込んでしまわないこと。人妻は浮気はしても、自分の家庭を壊すということを望んではいません。あくまで都合のいい時にセックスをして、欲求不満を解消したいだけなのです。それを男性がのめり込んで、セフレ以上の関係を望むようになってしまっては、人妻にとっては迷惑です。セフレは友達です。あくまで友達以上の関係を望まないということに気を付けましょう。

そのことと関連しますが、人妻に食事などをおごってあげない、ということも大切です。食事をおごるということは、彼女に対する行為です。友達同士の関係というものは、あくまでワリカンです。食事をワリカンにするということが、相手とは友達なのだということを、形として示すということにもつながります。

また時間の都合は、極力人妻に合わせてあげるようにしましょう。人妻にはご主人や家族がいますから、時間の制約がかなり大きいのです。その上セフレとも、自分が時間の都合をつけなければいけないとしたら、「めんどうだからやめよう」ということにもなりかねません。あくまで人妻の都合がいい時間帯に自分が合わせる。それが人妻をセフレにしようと思う場合の鉄則です。

セックスに持ち込む時注意すること

人妻と待ち合わせをすると、もうすぐにホテルへ行きたくなってしまうところですが、これは絶対にいけません。いくらメールでやり取りしていたとしても、人妻が会ってすぐの男性とセックスするなどということはほとんどありません。またもしホテルへ行けたとしても、二度目がないことになってしまいます。

まずは喫茶店でもファミレスでもかまいません。ゆっくりと話す時間を作りましょう。その日はそれで終わってしまってもいいと、腹を決めることが大切です。

女性は男性と話をすることが、すでにセックスの前戯であるとも言われます。ここでも相手の話をきちんと聞いてあげ、またできるだけ褒めてあげるようにしましょう。相手の服装やアクセサリーなどを褒めてあげることは効果的です。自分が人妻を「女性」として見ているということを、伝えることになるからです。

また人妻は、ご主人以外の男性と会う事について、罪悪感を感じています。これを乗り越えさせてあげるための「言い訳」を、きちんといっしょに考えてあげることが大切です。そのポイントは、
「息抜きも必要だよ」
ということです。いつも頑張っているのだから、たまには息抜きも必要だ。そのために自分と会うんだ。そういうかたちで自分の行為をきちんと正当化させてあげることが大切なのです。

2011年7月11日

このページの先頭へ